おじんブルース「さこ大介」とフォーク者「イサジ式」

2020年5月15日 金曜日 新宿・御苑サウンド

◀︎おじんブルース
​ さこ大介
フォーク者 イサジ式 ▶︎
さこ大介:1970年代後半、働きながらも音楽活動をはじめる。さこが日本語詞をつけた「罪と罰」が憂歌団のアルバム『リラックス・デラックス』に収録。関西のミュージシャンとの交流が深まり、なかでもAZUMIとは長年にわたりツアーをくり返すようになる。1994年には木村充揮(憂歌団)の1st.ソロアルバム『ポー』に「いつか来た町」「宝石箱」「バラの刺青」を提供。“おじんブルース”と銘打ったその音楽は憂歌団をはじめとする関西ブルースのフォロワーたち、比嘉栄昇(BEGIN)や光玄、さらに原田芳雄や斉藤暁、六角精児、音楽評論家の平岡正明らからも支持をえる。
イサジ式:福島県いわき市小名浜

2020年5月15日 金曜日 新宿・御苑サウンド

東京都新宿区新宿2-3-12 光和ビル B1F   Phone : 03-3355-7877

18:00 open / 19:00 start

adv. door / 2500 yen + drink

スクリーンショット 2018-09-07 20.50.59.png
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now